ムシバイ 副作用

MENU

ムシバイは副作用の心配があるのだろうか?

ムシバイの副作用

小さなお子さんの虫歯予防に効果的だというムシバイ。

 

歯みがき嫌いな子でも進んで歯みがきしてくれるようになったと親御さん達の間で話題になっていますが、毎日大切なお子さんの口にいれるものなので副作用がないのか気になります。

 

虫歯が予防できても副作用で健康に害を及ぼしては元も子もないですからね!

 

ムシバイに副作用の心配はないのか、安全性はどうなのかその成分から調べてみました!

 

ムシバイの成分と副作用

クリスパタス菌

ムシバイの主な有効成分は乳酸菌のクリスパタス菌です。

 

クリスパタス菌はヒト由来の乳酸菌で、赤ちゃんが生まれるときにお母さんの産道を通じて最初にお母さんから受け取る菌です。

 

赤ちゃんが持っている善玉菌なので安全なのが分かりますね!

 

クリスパタス菌は国産の有機大豆を培地として培養されているので乳アレルギーの方でも安心です。

 

クリスパタス菌を培養する過程で大豆アレルギー物質は乳酸菌によってほとんど分解されていますが、それでも大豆培地を利用した乳酸菌生産物質なので心配な方は専門医に相談してみて下さいね!

キリシトール

キリシトールは天然の野菜や果物の甘味成分から人工的に合成された甘味料です。

 

甘味料の中には発がん性などの副作用が疑われているものもありますが、キリシトールはそういった心配はなく安全性の高い甘味料だと言われています。

 

食品添加物の中には健康に悪影響を及ぼす心配のあるものも多く、そういったものは一日の摂取量というのが決められています。

 

キリシトールはその安全性から特に摂取量を定められておらず、毎日摂っても心配ないとされているんですね。

 

ただ、キリシトールは一度にたくさん摂り過ぎるとお腹が緩くなるという副作用を起こすことがあります。

 

これはキリシトールは体内で分解吸収されにくいため体外にそのまま排出されるからなのですが、歯みがき後にムシバイを一つ舐める程度の量なら心配はないでしょう。

ムシバイは体に優しい成分だけ!

大切なお子さんの口に毎日入るものなので安全面には特に気を使って生産されています。

 

そのため、

 

殺菌剤、界面活性剤、発泡剤、合成保存料、合成着色料、合成調味料、グルテン、牛乳アレルゲン、糖類、グリセリン、ポリエチレングリコール、フッ化ナトリウム、パラベン、発色剤、漂白剤

 

などは一切含まれていません。

安全にこだわった国内工場生産

ムシバイは厳しい品質基準をクリアしたGMP認証工場で製造されています。

 

原材料を入荷するところから最終製品を出荷するまで徹底して品質を管理、第三者機関による厳しい放射線物質検査も「検出せず」でクリアしているので安心です。

ムシバイで安心虫歯予防!

ムシバイは特に副作用の心配はなく安心して口に入れられるものだということが分かりました。

 

ムシバイは虫歯予防効果だけでなく、歯みがきをしやすい環境を作るということにも効果があるので歯みがきが嫌いなお子さんに特にオススメです。

 

もちろん大人でも使えるのでお子さんと一緒にムシバイで歯みがきタイムを作るとお子さんも喜ぶのではないでしょうか。

 

ムシバイでお口ケアを習慣にして健康な歯を保ってくださいね!